20~30代カップルに人気のサービス

2003年09月01日号

●そろそろクリスマス商戦に照準をあてている販促関係者も多いだろう。


今回紹介するサービスは、クリスマス以外でももちろん利用できるが、
特に20~30代のカップルに人気のあるもの。


渋谷エクセルホテル東急の「ドラマチックプラン」がそれだ。


このホテルの目の前には、大型ビジョンが設置されたビルがある。


期間限定、1日3組に有料オプションとして、
目の前の大型ビジョンに、自分が申し込んだメッセージが映し出されるプラン。


●大型ビジョンには、自分の好きなメッセージと画像を60秒間映し出すことができる。


費用は、制作費込みで2万円からと、さほど高いものではない。


もちろん、この大型ビジョンは、ホテルに居ながらにして見ることができる。


結婚のプロポーズなど、
使い方次第では、思い出に残るオリジナルプレゼントが実現する。


●渋谷という公共の街に、2人だけのメッセージが流れるわけだから、
優越感に浸れること間違いなし。


もちろん、クリスマス以外にも、バースデイや○○記念日など、使い方は自由。


メッセージは、ほぼ希望通りの時間に流れるという。


最近では、このサービス目的のホテル利用者も増えているという。


申し込みの多くが、若い男性。


世の中にはロマンチックな男性が多いというわけだ。


●もちろん、このホテルと大型ビジョンには、会社同士の関係は何もない。


同ホテルの支配人が、別なビジョンに個人向けメッセージが流れてることをヒントに、
ホテル周辺のビジョン管理会社に打診してまわったという。


つまり、自らの足を使い、企画したサービス。


もちろん、有料オプションであるこのサービスでの利益も見込まれるし、
ホテルの稼働率や認知度も上がる。


見事な販促成功事例だと言える。


【総括】


●会社が新しいサービスを提供するとき、社内のアイテムにしか目が向かない人が多い。


もちろん、利益率の面で考えると、自社内で全てが提供できればそれにこしたことはないが、
そればかりでは考え方が狭くなるし、必ずしも魅力的なサービスが生まれるとは限らない。


そこで、このホテルのように、
「身の周りに何かないか?」
「よその商品を利用させていただいた上で、自社商品の売上げが上がる方法はないか?」
という視点が大切になってくる。


考えることに「制限」を設けないことだ。


集客に行き詰まった時には、少し周りの様子や状況を見てみるといいだろう。


独自のアイデアが埋もれているかもしれない。

米満和彦 著書一覧