小さな店でも有利に「仕入れ」ができる方法

●例えば、いつ行っても変化のない売り場のお店に、

あなたは何度も訪れたいと思いますか?


一方、テレビ番組などで

「今、渋谷の高校生に人気のアイテムはこれ!」

と放送された数日後に、

その人気商品が店頭に並んでいるお店は、どうですか?


とても魅力的なお店という印象が芽生えますよね。


「でも、そんなこと、私たち地方の小さな小売店では無理だよ…」

と思われたあなたへ、紹介したいサイトがあります。


それは、ネット問屋の「スーパーデリバリー」。


●これまでの卸会社との一般的な取引は、

初回取引時に数百万円の保証金を要求されたり、

ある程度の取引実績ができるまでは現金決済、など

小売店側に不利な状況が多かったのではないでしょうか。


(卸会社にとっては、取引先との信頼関係構築が第一ですから、

仕方のない話ではありますが…)


しかし、ネット問屋「スーパーデリバリー」では、

会費2000円(月額)を支払うだけで、

かなり有利な取引が実現します。


その主な項目についてお話していきます。

 

■ポイント1 【1点から注文可能】


メーカー・販売会社1000社の25万点以上の商品から、

希望の商品を1点から注文可能。


また、出荷も最速で「当日対応」を行っているので、

地方の小売店でも有利な商売が可能となります。


 
■ポイント2 【決済がスムーズ】


決済は「スーパーデリバリー」を経由するので、

信販・クレジット等の使用が可能。


(もちろん、保証金などの請求もありません)


また、同社には2万店以上の小売店(7割が地方)が

契約しているので、

大量発注による低価格も実現しているそうです。

 

■ポイント3 【契約には審査あり】


同社との取引には「審査」が必要となります。


…これ、一見「マイナス印象」かもしれませんが、

審査のない「名ばかりのネット問屋」の場合、

一般消費者が会員になっているケースが少なくありません。


そうなると、消費者自身が、

「良い商品」を「より安く」購入できることになります。


これでは、小売店の存在価値がありません(よね?)。


「小売店のためだけの問屋」であることに、

大きな価値があるのではないでしょうか。


※電話や店舗写真などで審査を行いますので、

ネットショップのみを運営しているお店の場合は取引できません。

 

●ある雑貨店での話です。


新規に取引したい卸会社に打診したところ、

かなり厳しい条件を突きつけられたそうです。


その後、「スーパーデリバリー」と契約したところ、

偶然にもその会社が出展しており、

かなりの好待遇で仕入れることができるようになりました。


(仕入れ価格も優遇!)


そんなある日、

「キッチンアイテムを黄色で統一している」お客様が現れたので、

早速「スーパーデリバリー」で商品を物色し提供したところ、

とても喜ばれたとか。


売上げアップと顧客満足の向上を両方実現できたそうです。


事前に顧客の「欲しい商品情報」をキャッチできていれば、

必ず売上げが上がる仕組みが構築できるかもしれませんね。

 

●その他、美容室・旅館・家具店・家電店などの会員も多く、

1アイテムずつ仕入れ、

「こだわり」の商品アイテムを増やすことで、

顧客満足度を高めている店舗が少なくありません。

 

ネット問屋は他にもいくつか存在しますが、

かなり使い勝手の良い会社だと思います。


スーパーデリバリー公式HP

米満和彦 著書一覧