マンション生活・サービス

2002年04月08日号

●元々、チケット予約やホームショッピング、ルームサービスなどの、
ありとあらゆる生活サービスをしてくれる会社があった。


その会社は、これまでのノウハウを武器に、
“サービスがぎっしり詰まった”マンションの販売を開始した。


それらのサービスを紹介したいと思う。


○ヘルスケア・サービス


月に2回、専門医師がカウンセリングを行う。


また、年2回の健康診断も行い、住人への健康管理サービスを実施。


○ケータリング・サービス


レストランのコックとウエイターが出張し、
本場仕込みの料理をテーブルセッティングから行うサービス。


○チケット予約・サービス


映画やミュージカルなど、日本全国のチケットを、
フロントへの電話1本で入手できる。


より良い席のリザーブもOK。

 
○ハウスクリーニング・サービス


天井からカーペット、ソファまで、
日常的になかなか掃除できない部分を含めた、大掛かりな掃除のサービス。


○ルーム・サービス


プロのメニューを、家庭の食卓にお届け。


内容は、ホテルのルームサービスクラスの高級感のあるもの。


○トラベル・サービス


スケジュールの組み立てから航空券の手配、
ホテルの予約などの全てをフロントに頼むことができる。


中には会員料金で宿泊できるホテルもある。


○留守番・サービス


長期不在中の留守宅のメンテナンスを行う。


通風・清掃・戸締りやガス漏れ、漏水・漏電のチェック。


さらに、留守中に届いた郵便物などの転送や預かりも行う。


○レンタル・サービス


礼式服やスーツケース、室内の観葉植物まで、何でもレンタルできる。


●その他、テレビの空きチャンネルを利用し、
経済・金融情報からイベント、お料理情報などを流す情報サービスや、
「OAルーム設置」「トランクルーム設置」「手続き代行サービス」
など、これでもかのサービスが満載!


●住宅は本来、住むための「ハコ」であり、
売ってしまえばそれで終わり、というケースが多い中、
入居した後のサービスを継続することで、
客との長いコミュニケーションを図れる売り方といえる。


【総括】


●特に、都市部においては、土地が足りなくなり、
マンション建立が目立つ。


大型のものになると100世帯を超えるマンションなど、
1つの町内を形成しているといえる。


そして、これらの住人には多くの共通点が存在する。


これらを1つのグループと考えた時、
そこへの売り込みができるなら手っ取り早い。


マンション住人を“個”とみるか?


それとも“体”と見るか?


そこに、販売のチャンスがあるのかもしれない。

米満和彦 著書一覧