結婚式オリジナルホームページ

2001年07月11日号

●最近の結婚式も、デジタル化されてきた。


挙式・披露宴を行ったカップルに、
オリジナルホームページを作成するサービスを始めたホテルがある。


基本的な流れは、式2ヶ月前に新郎・新婦のプロフィール・メッセージ・写真などをフォーマットに当てはめ作成、
さらに、式当日に撮影した写真をそのホームページに加え、完成。


式・披露宴終了後にアップする。


例えば、2次会から参加する人などが、
i-モード画面から披露宴の様子を見て盛り上がることが出来る。


また、何らかの理由で出席できなかった親戚なども、
その日のうちにPC・i-モードでその場の雰囲気を楽しめる。


●専用ホームページは、アドレスを公開しておけば、
お祝いメールを受け取ることも出来るし、
2ヶ月前からホームページは立ち上がっているので、
招待状にURLを併記しておけば、会場案内などとしても使用できる。


●式終了1ヶ月後までホームページは公開されており、
その後CD-ROMに保存してくれる。


【見解】


●いわゆる“新しいサービス”による集客が狙いのこのサービス。


パソコンだけでなく、i-モードでも閲覧できる点がポイント。


いくら「結婚式の様子がリアルタイムに!」といっても、
本人や親戚以外の人がわざわざそのページを何度も訪れることはないだろう。


つまり、一過性のものなのだ。


但し、i-モードでも閲覧できるのであれば、
少なくともその日は盛り上がれるだろうし、
また、それを見た結婚予備軍にとってもホテルのいい宣伝になるだろう。


【総括】


●今や誰でも気軽に自分のホームページを作成できる時代。


このサービスに特に目新しさはないが、
“結婚式場でのサービス”という部分に「新しさ」を感じる。


それなら、他の業界ではどうだろうか?


思い出を残す、という部分では旅行業なども試みることが出来るのでは?


日々の思い出を添乗員が、その夜に作成・アップする。


旅行中に見知らぬ同行者に出会うことがあれば、
異国の人と知り合うこともあるだろう。


これからブロードバンドの時代、
動画をデータ化し旅の終わりにプレゼント。


想い出深いCD-ROMができあがりそうだ。

米満和彦 著書一覧