効果のあるプロモーション

2002年04月26日号

●例えば、あなたが新車を購入した直後に、
家のポストに、新車販売を告知したチラシがポスティングされていたとしたらどうだろう?


ほとんどの方にとって、それは不用のチラシとなる。


また、そういったポスティングチラシの多さに、
不満を感じる人も少なからずいるだろう。


しかし、あなたが「もうすぐ新車を買いたい」と考えている時に、
そのようなチラシが入っていたら、大変ありがたい情報源となる。


同じチラシでも、受け手の状況によって、
価値観が180度違ってくる。


もちろん、そういったことを想定した上でのチラシ配布であるだろうが、
無駄な部分も多い。


●アメリカでは、一様に、子供が生まれた直後から約1年間、
様々なベビー用品等のクーポンやサンプルが届くプロモーションが定着化しているという。


これは、一般に(日本でいうところの)名簿屋から出産者のリストを購入し、
行われるプロモーションだ。


1年を通して生まれる子供の約40%が第一子といわれることからも、
比較的喜ばれているプロモーションだという。


多少「どこで私が子供を産んだという情報を手に入れたのかしら?」という不快感もあるが、
それ以上に、「プロモーションにより送られてくるクーポンやサンプルの使い勝手が良い」
という部分がうけている。


●他にも「さすが、アメリカ!」と感じる大型キャンペーンとして、
100万人近い母親候補者に無料で贈られるテディベアキャンペーンがある。


時代を超えて人気のあるテディベアである上に、
逆の見方をすると、子供を産んだ時にしかもらえない貴重な商品として人気が高い。


もちろん、テディベアを受け取った母親は、
その後一定期間、色々なプロモーションが届けられる。


確実な“的”に矢を射れば、
それはとてもうれしく感じるもの。


こういったプロモーションこそ、無駄のない販促ではなかろうか。


【総括】


●小規模小売店などにとっても、
的を得たプロモーションは充分に可能だと思う。


「出産」という時期に「ベビー用品」というプロモーション。


これは、「一定の消費者層」に対して「一定の商品層」となるが、
「一定の時間帯」に対して「一定の商品層」でもいい。


簡単にいうと、
4月の今くらいの時期に、母の日に見合った商品をプレゼントする。


「そんなこと当り前じゃない」といわれるかもしれないが、
「一定の時間帯」は個人にとって異なるものもある。


例えば、誕生日や成人式など。


また、消費者層にしても、
「出産」といった大きなカテゴリーではなく、職業や出身地などでも区分けできる。


要は、客のことをどれだけ知っているかどうか。


その人に見合ったプロモーションは効果が高い。

米満和彦 著書一覧