オーダーメイドマンション

2001年09月14日号

●大手不動産業者にて、オーダーメイドマンション作りのため、
2年前から、インターネット上の専用サイトでオーダーメイドクラブが始まった。


コンセプトは、
「お話しましょう。どういう風につくってほしいのか、言ってください」
というもの。


会員から、どう住みたいのか、どう作りたいのかヒントをもらい、
間取りを変えるだけでなく、
マンション全体の配置プランや外観デザイン、共用施設もオーダーメイドで作るという。


●仕組みは、サイトにアクセスし、入会する。


会員は、住みたい場所や理想の空間などについてリクエストを出し、
これを元に、業者が土地を取得し、具体的なプロジェクトを立ち上げる。


会員には、会報誌やDMでプロジェクトの内容が告知される。


会員は、この中から希望に合いそうなプロジェクトを選び、参加を表明。


専任のコーディネーターと相談しながら、自分の意見や希望を伝え、
プラン作成していく。


満足いけば、契約を結び、工事・完成・入居と続いていく仕組みだ。


●この会社のモデルルーム来場者4万6000人にDMを送ったところ、
2600人の方から意見が寄せられたという。


「本当は住みたい場所などの調査もしたいのですが、
法律的に開発許可と建築確認が出てからでないと広告宣伝ができないので難しい。
しかし、オーダーメイドマンションは購入後の顧客満足度が非常に高い」
として、今後もさらなる需要を目指していく。


【総括】


●気になる点は“お金”に関してだが、
基本的に予定販売価格内での対応を目指しているという。


もちろん、間取り変更などは費用がかかるが、
その場合、フル装備の設計から何かを引いて予算内におさめることも出来る。


あらゆる面で、個人の意見や要望を第一に考えている姿勢がうかがえる。


業者にとっては“一軒の販売”かもしれないが、
買う側にとっては“一生の買い物”である。


そういう意味でも、顧客満足度を重視した販売手法は、
買う側にとっても魅力的なのかもしれない。

米満和彦 著書一覧